Page up▲

EVO 2017 鉄拳7

日本時間で土曜日からアメリカ・ラスベガスで開催されている格闘ゲームの祭典、
Evolution 2017ことEVO2017。

EVO2017_01.jpg


鉄拳7が公式種目の1つだった為、昨日の予選、
および今朝方開催された本戦トーナメントを視聴しておりました。

2つ併せて4時間以上、動画を見続けていた訳ですから中々疲れましたが、
参加者の疲れはこの比ではない訳で、本当に皆さんお疲れ様でした。


(以下、追記へ。)
 


こちらが予選。



こちらが本戦。



全編見て感じたのは、とにかく強い韓国勢。
プロチーム所属の2名は別格としても
無所属であっても韓国勢は皆、強かった印象。

やはりこのへんは、頑張りが報われるプロチームという受け皿が
より一般的な韓国ゆえと言えるのでしょうか。

先日ギルティギアで有名な方のインタビュー記事を読んで、
環境がプレイヤーを育てる一面は絶対にあるなぁと感じた矢先でもあったのでそう思います。

「世界王者になっても幸せになれなかった」天才ゲーマーまちゃぼーの葛藤と新たな挑戦(LIGInc)

と少々脱線しましたが、
4時間見ていても飽きない接戦の数々で大変楽しかったです。
興味のある方は是非、ご視聴くださいませ(^^

関連サイト
【速報】[EVO2017]「鉄拳7」部門,優勝は韓国のJDCR選手。優勝賞金として7700ドルを獲得(4Gamer)




それと鉄拳7の戦いの最後に原田Pが登場して、
DLC2の「ゲストキャラクター」について発表していましたね。

追加キャラクターと書かず、
追加”ゲスト”キャラクターと書いていたのでなんとなく予想はしていましたが
他ゲームからの参戦でした。

しかもギース!
(エリザの存在意義とは……。)

ギース
KOF界におけるラスボス格。

烈風拳
もちろん烈風拳有り。疾風拳もレイジングストームも打っとりました。

当身
ギースと言えば当身。下段まで掴んだら鬼ですが動画を見る限りは無かった…。
しかし相手は当身王であり始祖。油断はできないかと。


鉄拳7は過去作からリストラされたキャラが多いので
他ゲームからの参戦の多さは賛否あるかと思いますがどうなんでしょうね。
(ある程度続投するキャラが多い上でのゲストキャラは良いかと思うのですけどね。)


とまぁKOF繋がりで
EVO2017でも開催されていたKOF14の戦いの様子はまだ見ていない為、
ちょっとこれから動画を視聴したいと思うNaotenだったのでした。

関連サイト
【速報】[EVO2017]「鉄拳7」と「餓狼伝説」がまさかのコラボ。新キャラクター,ギース・ハワードが電撃参戦(4Gamer)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
06 | 2017/07 | 08

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS