Page up▲

ファイナルファンタジー30周年 × 横浜 本日スペシャル生放送

今年はファイナルファンタジー30周年。
その一環として横浜とコラボして複数のイベントが開催中です。

(なぜに横浜なのかと言えばスクウェアの創業地だからなのだそうです。)

FF30.jpg
本日18:00からはスペシャル生放送も(後述)

ファイナルファンタジー30周年記念ポータルサイト
ファイナルファンタジー30周年✕横浜


(以下、追記へ。)

 


最初に「横浜との複数のコラボイベント」と書きましたが
例えば東急東横線をジャックとの事で、デザイントレインが走っていたり、
みなとみらい駅の発車メロディがFFシリーズメインテーマのイントロになっていたりしています。

横浜F・マリノス
横浜 VS FF をイメージして複数のコミカルなデザインでラッピングされている。


発車メロディはこちら。
(恐らくFFBEアレンジ。)



また今月24日以降、横浜人形の家にて展示イベントを開始したり、
横浜と言えば崎陽軒、と言う事で崎陽軒とのお弁当コラボをやっていたりします。

横浜人形の家
展示イベントは24日以降ですが30周年記念グッズの販売は既に開始しているそうです。

崎陽軒
包装と醤油さしくらいしかコラボしておらず肝心の具材は手付かず感。

他にも本日、そして明日の2日間、
各19:20、19:50、20:20、20:50、21:20の5回、
ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルをジャック。
プロジェクションマッピングでバハムートが召喚されるそうです。



観覧のおすすめスポットは以下マップを参考にしてください。

collabo01_map.jpg

忙しくて観覧出来ない方は、メディア向けに先行上映されたものの
ダイジェスト版ですが以下、Youtubeから御覧ください。
ファイナルファンタジー×横浜コラボ プロジェクションマッピングダイジェスト(Youtube)



そして冒頭でもちこっと触れましたが、
本日18:00から11以降のFFプロデューサーや
FFスマホゲーのプロデューサー達が集結し生放送を行うとの事。

出演者は以下。

<MC>
茸さん
松嶋 初音さん

松井 聡彦(『ファイナルファンタジーXI』プロデューサー)
加藤 弘彰(『ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ』プロデューサー)
吉田 直樹(『ファイナルファンタジーXIV』プロデューサー兼ディレクター)
志田 健一(『ファイナルファンタジーXV』ゲームデザインセクションマネージャー)
藤原 仁 (『ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニア』プロデューサー)
広野 啓 (『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』プロデューサー)
北瀬 佳範(『メビウス ファイナルファンタジー』プロデューサー)
間 一朗 (『ファイナルファンタジー レコードキーパー』プロデューサー)



個人的に注目するのはやはりFFXIプロデューサーであり、
古くはFFIVからFFシリーズの開発に携わってきた我らの松井 聡彦さん。

松井 聡彦サイン
直筆サインも額に入れて大切に飾ってあります!

そしてFFスマホゲーでは唯一僕がプレイしているFFBE。
そのプロデューサーの広野氏でしょうかね。

ニコ生ゆえ、追い出される可能性がすこぶる高いのでタイムシフト予約はお忘れなく。
Youtubeでも同時配信するので、個人的にはそちらでの視聴をオススメしておきます。)




僕の運命を変えたと言っても過言ではないFFシリーズの生誕30年を祝い、
各FFシリーズのメインテーマを聞きながら、
午後のひとときを過ごすNaotenだったのでした。



歴代FFにおけるメインテーマ集。

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2017/06/11 23:37 [Edit]
Nameやま やま's Mail Addressやま's URL

お疲れ様です。

>>今年はファイナルファンタジー30周年。
>>その一環として横浜とコラボして複数のイベントが開催中です。

ほうほう。30年と言えば私が生まれる6年前1987年に第一作が発売されたのですよね。
まさかの私が生まれる前に発売されたゲームがこのゲーム戦国時代において未だ根強い人気を誇っている事に驚きと尊敬の念を抱かずに居られません。

私がゲームにハマりだしたのは業界ではいまだに諸説ありと言われているソニーと任天堂の喧嘩別れからのPS発売。そして任天堂の64発売の頃でした。

既にその頃にはFFシリーズはあった訳ですからやっぱり凄いなあとただその一言に尽きると共にこれからも末永くFFシリーズが続いて行けばと思います。

そういえば、FF30周年で思い出したのですが、私がもう一つ記念ソフトで驚いたのがこちらです。

http://www.nicovideo.jp/watch/1485400330

アニメ化もして世間様に結構名の知られている三国武将擬人化エロゲーである「恋姫†夢想」その第一作目「恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜」発売から今年で10年目になるそうです。

わたしは悪食な物で興味がある物はコンシュマー機、携帯機、果てはPCゲームまで興味を持った物はなんでもプレイ(その分積ゲーが・・。)してしまう性格なのでエロゲに関しては私がオタクとしての原点として自負しております「らいむいろ戦奇譚」から足を踏み入れ恋姫に関してはエロゲをもっとプレイしたいなと言うこの世界を拡げてくれた作品なのであります。

それにしても10年と聞いて月日が経つのは早いなあと思います。10年前と言えば私はまだ14歳・・まぁその時に親から貰えるお小遣いを貯めてエロゲー買ってるとか何してんだよ中学生とかいう話になるのですがそれもいい思い出ですw

なお、10周年記念ソフトとして第二作「真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜」から魏、呉蜀三ルートをそれぞれ一本に独立させた「真・恋姫†無双-革命-」の第一弾が今年夏に発売だそうですが私は既に予約済みです。

さてさて、なんか色々脱線してしまいましたがFF30周年といい恋姫10周年といいジャンルは違いますがこれからもゲーム業界が末永く繁栄していきますように心から思うやまでした。

Date2017/06/13 01:26 [Edit]
NameTujikaze Tujikaze's Mail AddressTujikaze's URL

FFシリーズ30周年ですか
ほぼほぼ、TVゲームの歴史と同じくらいの超ベテラン、になるのですねぇ
やまさんのあげた、三国志で言うなら、趙雲や張コウあたりになりますかw

とはいえ、いまだ覇権を握る勢力(メーカー)は現れず
群雄割拠の様相で、むしろ、春秋時代ともいえそうなw

遊ぶ側からしたら、いろんなゲームがあるのはむしろうれしいのですがw


>「恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜」発売から今年で10年目になるそうです。
これは効きますねぇ・・・
せこせこPOP作ってた記憶が・・・^^;
10年前かぁ

当時、アホゥなことをやりおるわ、HAHAHA
だが、それがいい!(AA略
って、気合い入れてアピールしてた思い出w

中身?
漢女(貂蝉)に全部持ってかれたよ!
バカヤローコノヤロー!
続編に出てこないとか、ザッケンナコラー!!!


あ、曹操は良い娘です
次点で場超

Date2017/06/16 11:54 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○やまさん

> お疲れ様です。

お疲れ様です!

> ほうほう。30年と言えば私が生まれる6年前1987年に第一作が発売されたのですよね。

まじかー、やまさん20代とは知っているけれど、
改めて聞くと若いなー(^^;;


> まさかの私が生まれる前に発売されたゲームがこのゲーム戦国時代において未だ根強い人気を誇っている事に驚きと尊敬の念を抱かずに居られません。


僕の中では、
子供時代から一緒に育った兄弟の様な存在と言う認識ではあるのですけれど、
やまさんの様な若い世代から見て、どの様に映るのでしょうね。

> 私がゲームにハマりだしたのは業界ではいまだに諸説ありと言われているソニーと任天堂の喧嘩別れからのPS発売。そして任天堂の64発売の頃でした。

なんてことだ…。
その頃は僕、「任天堂スペースワールド」に車で乗り込んで
スマブラの公式大会とかに出場してましたぜ。

> 既にその頃にはFFシリーズはあった訳ですからやっぱり凄いなあとただその一言に尽きると共にこれからも末永くFFシリーズが続いて行けばと思います。

小学生の頃にFFの初代が発売。
中学生の頃にFF6が発売。
高校生の頃にFF7が発売した世代が僕です。


> そういえば、FF30周年で思い出したのですが、私がもう一つ記念ソフトで驚いたのがこちらです。
>
> http://www.nicovideo.jp/watch/1485400330
>
> アニメ化もして世間様に結構名の知られている三国武将擬人化エロゲーである「恋姫†夢想」その第一作目「恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜」発売から今年で10年目になるそうです。

エロゲーの歴史も10年モノになってますか。
そう言えは先日、今年でTo Heart発売から20年とか聞いて怯えた僕が居ますよ。

ちなみに僕は痕から入り、To Heartやった後に雫を遊び、
その後、オンタイムで発売したWHITE ALBUM を遊びました。

好きな作品の順番は
WHITE ALBUM > 痕 > To Heart > 雫
です。

> わたしは悪食な物で興味がある物はコンシュマー機、携帯機、果てはPCゲームまで興味を持った物はなんでもプレイ(その分積ゲーが・・。)してしまう性格なのでエロゲに関しては私がオタクとしての原点として自負しております「らいむいろ戦奇譚」から足を踏み入れ恋姫に関してはエロゲをもっとプレイしたいなと言うこの世界を拡げてくれた作品なのであります。

悪食wwww
僕はWHITE ALBUM以降、エロゲはほとんどやらなくなってしまい今に至ります。
もっとやっていれば人間的深みもましたでしょうか。残念ですヽ(;´д`)ノ

> それにしても10年と聞いて月日が経つのは早いなあと思います。10年前と言えば私はまだ14歳・・まぁその時に親から貰えるお小遣いを貯めてエロゲー買ってるとか何してんだよ中学生とかいう話になるのですがそれもいい思い出ですw

中学生といえば性欲の塊ですからね!やむなし!

> なお、10周年記念ソフトとして第二作「真・恋姫†無双 〜乙女繚乱☆三国志演義〜」から魏、呉蜀三ルートをそれぞれ一本に独立させた「真・恋姫†無双-革命-」の第一弾が今年夏に発売だそうですが私は既に予約済みです。

凄いなぁ。やまさんにはただただ敬服します(^^;

> さてさて、なんか色々脱線してしまいましたがFF30周年といい恋姫10周年といいジャンルは違いますがこれからもゲーム業界が末永く繁栄していきますように心から思うやまでした。

ですね!

良いものは残り、悪いものは淘汰される世の中ですが、
これからも残り続けて行って欲しいものです!


○ツジさん

> FFシリーズ30周年ですか
> ほぼほぼ、TVゲームの歴史と同じくらいの超ベテラン、になるのですねぇ
> やまさんのあげた、三国志で言うなら、趙雲や張コウあたりになりますかw

まさに古株!

> とはいえ、いまだ覇権を握る勢力(メーカー)は現れず
> 群雄割拠の様相で、むしろ、春秋時代ともいえそうなw

本当、そうですねぇ。

> 遊ぶ側からしたら、いろんなゲームがあるのはむしろうれしいのですがw

成熟しきっていないからこそ、
様々なゲームが世に生まれ、そして消えていくのでしょうね。

そう思うと感慨深いですね。

 

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS