Page up▲

Naoten、HDD増設に失敗する。

最近、STEAMであれやこれやゲームを買ったり録画しまくったりしていた結果、
HDDの残容量が残念な事になったNaoten。

HDD残量
CにはSTEAMゲー多数。
Dには録画データ多数


そこで唐突にHDDの増設を行おうと考えた。
それが4月12日(水)の事であった。


(以下、追記へ。)
 


HDDは最近安くなってきてはいるが、とは言え数万の出費は痛い。
ウチには使わなくなった3TBのHDDが3つ転がっているので、
試しに接続してみようと考えた。

しかし問題はこのHDDは3つとも以前、NASで使用していたもので、
尚且つ、全て「S.M.A.R.T.診断」でエラーが出た為に
新品のHDDと換装した成れの果てである事だった。

ただ、NASでの使い方とPCでの使い方には差異もあるし、
NASでは解らなかったHDD上の問題も、
PCに接続して何らかの復旧作業を行えば解消されるかも知れないと思い、
ものは試しと行動を開始した。

事細かに書くと長いので1つ目と2つ目のHDD増設までは若干簡素に書く。
(便宜上、それぞれのHDDを1、2、3と呼称する。)

・PCケースを数カ月ぶりに開けると中は埃の王国。
 簡易清掃を行い、HDD:1を増設する。

→PC起動して確認。HDD:1は認識すらされず。

・HDD:1を取り外しHDD:2を増設する。

→PC起動して確認。認識はされるがS.M.A.R.T.診断に赤レベルのエラーを発見。

2台目
この東芝製HDDは新品購入してNASに搭載後、僅か2ヶ月でエラーが検出され取り外された。

・パーテーションの結合はHDDへの負担が高い事を覚悟で結合後、
 完全フォーマットを開始する。

→5時間かかり99%まで進捗するもそこでフォーマットが停止。
 そのまま認識されなくなりHDD:2はお亡くなりになる。

文章で書くと一瞬だが、5時間は長い。

フォーマット完了せず1
画像下部ではディスク0の次がディスク2になり増設したディスク1が急に見えなくなり
画像上部ではフォーマット中の表示が出続けいつまでも完了しなくなった。
また再起動しても認識されないままであった。


・HDD:2を取り外しHDD:3を増設する。

→PC起動して確認。S.M.A.R.T.診断に黄レベルのエラーを発見。

代替処理済のセクタ数1
使用時間に対して電源投入回数が少ないのはNAS運用されていたからこそ。

ん??

ここで「代替処理済のセクタ数」の「生の値」に違和感を覚える。

「FCE0」は16進表記なので10進に直すと「64,736」となる。
「代替処理済のセクタ数」とは
HDD上で壊れているセクタが見つかった場合に、
そのアドレスを壊れていないセクタに置き換える事により
表面上はどこも壊れていない様に見せかけるHDD側の自己修復機能であり、
実際に過去に置き換えたセクタ数を表す。

少しネットで調べた所、この値が1000を超える時点で相当な異常であり、
また、1万を超える状況はありえないと書いてあった。

え?1万どころか、
64,736も出てるんですけど??
((((;゜Д゜)))


想像だにしない結果に、これはきっとNAS上で運用されていた事により
なんだか訳わからんカウントが行われてしまっただけで、
実際は問題ないのではないかと強引に仮定。

ネットで調べてみると完全フォーマットを行った結果、
この「代替処理済のセクタ数」が消えたと言う記事も見つけた。

おし、んじゃこいつも完全フォーマットしようと相成る。
5時間強かかって完全フォーマット完了。

文章で書くと一瞬だが、5時間は長い。

フォーマット完了
前回画像から比較すると、使用時間がおよそ6時間増えているのが判る。

結局「代替処理済のセクタ数」は消えなかった様でがっくりくるも、
「代替処理済のセクタ数」自体は増加していない事に気づく。

ふうむ……。
これはどう判断したら良いのだろうか??


試しに今度は録画データでカツカツのDドライブ上のデータを
HDD:3(ドライブとしてはE)にコピーしてみる。

ファイルコピー


6時間半もかかってコピー完了。

文章で書くと一瞬だが、6時間半は長い。

コピー完了


スクリーンショットは撮り忘れてしまったが
6時間半にも及ぶコピー作業を終えても、
「代替処理済のセクタ数」は1も増えていない事を確認。
またコピー後の動画ファイル等もいくつか確認した限り、
正常に再生出来る事を確認した。


本来であれば総仕上げとしてこの後、
Dドライブをフォーマットしたのち、CドライブとDドライブを連結しCドライブの容量を増やし
Eドライブのドライブ名をDドライブに変更し、C、D共に容量を増やす計画であった。

Cドライブ: 299.65GB→2TB
Dドライブ:1.562.92GB→3TB

こうなる予定だった。

しかしどうにもHDD:3の挙動が胡散臭いので
その総仕上げ作業は一旦停止し、経過観察を行う事にした。





経過観察を開始してちょうど1週間目の本日……。
なんの前触れもなくHDD:3が認識されなくなった。

もし、総仕上げのドライブの結合作業を行っていたら
取り返しのつかない事になっていたと青くなると共に
データストレージにはやはり、細心の注意を払うべきだとの結論に至った。


そしてHDD:3の沈黙をもって
お金をかけずにHDDを増設すると言う壮大な計画は失敗に終わる。


時に、2017年春の出来事であった。







なお既存のDドライブに関して、HDD:3が結局ダメだった時に備え
経過観察期間中の一週間をかけて録画データの整理を行った。
(削除やエンコード、一部永久保存版データのNASへのコピー等。)

結果、随分と容量が空く。

HDD残量2
Cドライブに関しては遊んでないゲームの
アンインストールを行う予定。


同じ”苦労”するのであれば
こう言った正しい方向で苦労するべきだろうと言うもう一つの知見を得て、
僕はキーボードを置くのでありました。




あ、そうそう、知見と言えばあともう一つ!!(置いたキーボードを掴み直しつつ)
もし増設するなら壊れてない新品にしようか?(;´д⊂)
(余りに増設作業がうまくいかないので作業中、何度も購入を検討したHDD達。)


左が信頼と実績のHGST製NAS用3TBHDD。もちろん普通のPCにも使える。
現在、ウチのNASに搭載しているHGST製HDDは極めて良好に動作中。
右がCドライブを置き換えようかと検討した525GBのSSD。
まだまだSSDは高くて高嶺の花ですね…(;´д⊂)


 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS