Page up▲

Naoten、今再びスマホorタブレットの購入を検討する。

今までも何度かスマホorタブレットの新調を検討してきたNaoten。

前回検討したのは去年の今頃の話。

Naotenの使用しているauの携帯は
特定のプランに変更する事が出来ず基本料が高かったので
格安MVNOでSIMフリースマホへの移行を検討しておりました。

ところが唐突にプラン変更が可能になり、結果的に問題は解消され、
端末を新調する理由も消失したのでした。

過去記事
auフィーチャーフォン Naoten、ようやくシンプルプランに移行する。(2016/04/07)

今回の理由は現在使用中のタブレットである「Nexus7 2013 LTE」が
いくつかの理由で限界を迎えようとしているからです。

NEXUS7_2013-LTE02.jpg
2013年9月の購入した日に撮影した写真。



(以下、追記へ)
 


Naotenは携帯とタブレットの2台持ち。

携帯はキャリア携帯でいわゆるガラケーと呼ばれるフィーチャーフォン。
月の基本料はだいたい1000円くらい。(通話料込で1200円くらい。)

タブレットはIIJMIOのデータ通信専用SIMを指しており
月の基本料は972円。

合計すると月額で約2200円ほどとなります。

2台持ちをやめて通話機能付きのSIMに変更すれば1728円なので、
月額500円ほど安くなるのですが、
キャリアメールアドレスはまだしばらく持っていたいので、やむなしの出費と考えています。

とまぁそんな背景がありつつ
現状、データ通信SIMのみで利用している
「NEXUS7 2013 LTE」に起こっている問題は以下となります。

・今年に入りついにmicroUSBからの充電が一切できなくなった。
去年末頃まではだいぶ遅くはあったが充電は出来ていた。
現在はQi充電でなんとか凌ぐ。

・3年以上の使用により内部ストレージ容量がカツカツになった。
NEXUS7 2013は内部ストレージ32GB。
外部SDカードスロットを持たない為、動画や音楽、電子書籍などのデータファイルも内部ストレージに。
ほとんどのスマホゲームはアンインストールすると紐付けが解除される理解できない仕様なので
休止中のゲームでもおいそれと消せない問題や、昨今のゲームの容量増大傾向によりさらに圧迫。

・スペック的に厳しくなった。
2013年当時は最新機種であったが、やはり時代の流れの中、重さが目立つ様になった。
またカメラの性能も昨今の機種と比べると低い。

・起動しなくなる可能性への恐怖。
発売から3年と半年が過ぎ、
同ロット品を所持する方々から唐突に起動しなくなった等の報告も散見される様になっている。
怖い。


割りとまったなし。
こうして再びスマホorタブレットの新調を検討する事となりました。


新たな端末に求めるスペック

OS:
出来れば7。

CPU:
ゲーム動作に信頼と実績のQualcommのSnapdragon系。
超欲を言えば835。欲を言えば821or820。妥協して650or625。

メモリ:
3GBは最低欲しい。欲を言えば4GB。

内部ストレージ:
64GB。今まで苦労した分、ここはゆずらん。

外部SDカード:
今度は対応したものにしたい。

カメラ:
出来るだけ欲を出したい。

充電速度:
せっかくQualcommのCPUにするんだから
Quick Charge 3.0以上に対応したものにしたい。
ゲームをしている際に充電しながらなのに減る方が早いのはもう嫌だ。

電池容量:
多いほうが良いけどモバイルバッテリーもあるし無理は言わない。

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
出来れば対応したものにしたいが、
通話SIMが異端児のauのものなので無理は言わない。

価格
3万~6万くらいでなんとかなりませんか?(;´д⊂)


該当スペックをほぼ満たしている上で欲しいと思った機種を掲載。


SONY Xperia XZ Premium

Sony-Xperia-XZ-Premium.jpg

OS:
Android 7.1

CPU:
Qualcomm Snapdragon 835
64-bit オクタコア

メモリ:
4GB

内部ストレージ:
64GB

外部SDカード:
microSDXC(最大256GB)

カメラ:
Motion Eye
19MP 1/2.3センサー Exmor RS メモリ積層イメージセンサ
5軸手ぶれ補正
Predictive Hybrid Autofocus
スーパースロー撮影(最大960fps)
4K撮影対応
(上記は全てアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
3230mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
DSDS自体は対応。
ただハイブリットデュアルSIMとの事で2枚指しするとmicroSDカードが使えなくなる。

価格
価格、発売日ともに未定。
周辺の予想だと実売9万~11万。発売は4月中にも行われるのではないかという噂。

最強すぎますねこれ。価格以外、全て要件を満たしています。
特に発表されたばかりのSnapdragon835を搭載する機種は現状では限られており
それだけでも選ぶに値する部分があります。
(835は820と比較してCPUサイズが35%ダウン、
 処理速度20%アップ、グラフィック性能25%アップ
 なのに消費電力が25%ダウン。どういう事だってばよ!?)

ゲームで「レベルを上げて物理で殴る。」と言う有名な格言(?)がありますが、
それに近いものを感じます。
全てをスペックでねじ伏せる感にしびれて憧れますね。

しかし肝心の価格がががorz


SONY Xperia XZs

XZs_20170404075752603.jpg

OS:
Android 7.1

CPU:
Qualcomm Snapdragon 820

メモリ:
4GB

内部ストレージ:
64GB(デュアルSIM版)

外部SDカード:
microSDXC(最大256GB)

カメラ:
Motion Eye
19MP 1/2.3センサー Exmor RS メモリ積層イメージセンサ
5軸手ぶれ補正
Predictive Hybrid Autofocus
スーパースロー撮影(最大960fps)
4K撮影対応
(上記は全てアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
2900mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
DSDS自体は対応。
ただハイブリットデュアルSIMとの事で2枚指しするとmicroSDカードが使えなくなる。

価格
Expansysにて76,960円で予約開始。
発売日はまだ未定だけど間もなく感。

当然ながら性能はXperia XZ Premiumに劣る。
去年11月あたりに発売したXperia XZのカメラだけパワーアップ版と言える。
(カメラ性能だけ言えばXperia XZ Premiumと同格。メモリ積層イメージセンサ気になります。)
Xperia XZsが出る事によりXperia XZが値下がって来ているみたいなので
カメラをスペックダウンして良いのであればいっその事Xperia XZを選択すると言う手もある。
(ちなみにXperia XZはExpansysで現在¥58,800。)


ZTE AXON7

axon7.jpg

OS:
Android 6.0

CPU:
Qualcomm Snapdragon820
Quad-core 2.15GHz

メモリ:
4GB

内部ストレージ:
64GB

外部SDカード:
microSDXC(最大128GB)

カメラ:
2,000万画素(F値1.9)
(上記はアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
3250mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
DSDS自体は対応。
ただハイブリットデュアルSIMとの事で2枚指しするとmicroSDカードが使えなくなる。

価格
実売5万ちょっと。

OS以外は価格も含めて全て要件を満たす。この性能でこの価格。やりおる。
弱点らしい弱点は無いが、カメラが暗所に弱いというネット情報有り。
またDSDSでauの3G回線は使えない様で、
auの通話SIMを差しても無意味な事が確定している。
(とは言えそもそも、即通話SIMを差し替えるつもりはなく、
 DSDSは将来的な保険なので重要度は低い。)


NuAns NEO [Reloaded]

NuAns NEO [Reloaded]

OS:
Android7.1

CPU:
Qualcomm Snapdragon 625
クアッドコア

メモリ:
3GB

内部ストレージ:
32GB

外部SDカード:
microSD(最大1TB)

カメラ:
ソニー製
1,300万画素 F2.0 裏面照射型センサー
像面位相差オートフォーカス 28mm広角レンズ
(上記は全てアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
3450mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
未対応

価格
5万前後

少し前に欲しいとツイートした日本製パーツ多数で作られた日本企業のスマホ。
特筆すべきはおサイフケータイ対応の点と発売後2年間のOSアップグレード対応。
応援したい気持ちは多々あれど、しかし残念ながらスペックがいくつか惜しい。
(僕個人としては内部ストレージが64GB無いのが痛い。)

なお、予約特典は3月31日予約分までなのでもう手遅れ。
発売は5月。


Lenovo Tab4 8 Plus

TAB4.jpg

OS:
Android7.1

CPU:
Qualcomm Snapdragon 625
オクタコア

メモリ:
4GB(3GB版もあり)

内部ストレージ:
64GB(16GB版もあり)

外部SDカード:
microSD対応(容量不明)

カメラ:
800万画素
(上記はアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
4850mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
タブレットなので未対応
LTEに対応したモデルとWi-Fiのみのモデルが存在する。

価格
4万前後?発売日など4月中にも続報があるとの噂。

Naotenが初めて買ったタブレットはLenovoのIdeaPad A1と言う機種で、
今思い出すと低スペックなタブレットだった訳ですが、
今ここにきてまたLenovoのタブレットの話をするとは思いもよらず(^^;

カメラ性能の低さだけが残念ですが、
それ以外の性能や価格はほぼ要件を満たしており結構イイんじゃないのかコレ?
と思っております。


OnePlus 3T

oneplus3t.jpg

OS:
Oxygen OS

CPU:
Qualcomm Snapdragon 821
クアッドコア

メモリ:
6GB

内部ストレージ:
64GB(128GB版もある)

外部SDカード:
なし

カメラ:
1600万画素
(上記はアウトカメラの仕様。)

充電速度:
DASH CHARGEと言うQuick Charge 3.0に近いレベルの充電機能がある。

電池容量:
3400mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
DSDS自体は対応。

価格
海外特売などで45000円(送料別)ほど。

安いしスペックも高い。
しかし問題は超中華製と言う事。海外輸入必須な上にOSも独自OS。
まともに使うには購入後、OSを書き換えたりしないと駄目。
(先に紹介したZTEのAXON7も中華製ではあるが日本市場向けに日本法人から発売されておりレベルが異なる。)

なお、antutuのベンチマーク結果が16万を超えると言う驚愕の性能を誇る。


Leeco Le max2

leeco-le-max-2.jpg

OS:
eUI 5.6

CPU:
Qualcomm Snapdragon 820
クアッドコア

メモリ:
4GB(6GB版もある)

内部ストレージ:
64GB(128GB版もある)

外部SDカード:
なし

カメラ:
2100万画素
(上記はアウトカメラの仕様。)

充電速度:
Quick Charge 3.0対応

電池容量:
3100mAh

DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ):
DSDS自体は対応。

価格
海外特売などで22000円(送料別)ほど。

一つ前に紹介したOnePlus 3Tよりもさらに安い。
しかしさらに色々と難易度が高い端末。
文鎮化する覚悟があれば買うのもありかも知れない…。

こいつもantutuで14万以上出すとの事。恐ろしい。




最後の2つは完全に蛇足。

当然、技適も通っていないハズなので
Wi-Fi、及びLTEを使用しての日本でのご利用は注意が必要です(ーー;
昨今の中華製のスマホのスペックの高さと価格の安さを
日本で購入できるものと比較する為に記載した感じですかね。

NEXUS7の後継機が出れば、こんなに悩む事は無かったのですが、
GoogleはもうNEXUSシリーズを出す気も無いようだし
実質の後継機たるGooglePixelが日本での発売をしてなかったりするので、
どうしても他を探すしかない訳です(ーー;

GooglePixel.jpg
GooglePixel。スペックアップ版のXLも存在する。
性能は価格以外全て僕の要件を満たす。技適は通ってないので海外輸入は注意。


NEXUS7が、現在使えなくなったと言う訳ではない以上
時間的猶予はあると言えばあるし買った端末とは今後数年の付き合いにもなるので
4月にいくつか発表される情報も待ちつつ新調する端末を検討していければ良いなぁと
そんな風に思うNaotenだったのでした。

(カタログスペックは良くても、動作がもっさりしてたり
 ディスプレイが黄色がかってたりタップ精度や指紋認証精度が低かったり等、
 実際に触ってみないと解らない事も多いかと思います。
 そのあたりは実物を触ったり、購入者の声をネットで収集したりしつつ、
 色々とチェックしていかないと、ですねぇ。)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
09 | 2017/10 | 11

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS