先日、購入した事をツイートもしましたが、
NTT-Xストアの決算セールで買ったRADEONのグラボが届きました。


早速、PCに搭載したので定番のFFXIVベンチとDQ10ベンチを回してみました。


(以下、追記へ。)
 

パーツ情報確認と換装

まず、元々持っていたグラボは
AMD Radeon HD 6670 (VRAM 1008 MB)を積んだ
Diamond Multimediaと言うところの物。

RADEON HD 6670

2011年6月頃に現在のPCを新調したので恐らくその界隈で購入。
このPCを組んだ直後の2011年7月にメールシステムを自サーバーから
GoogleAppsに移行したのでそれ以前のメールが残っておらず
残念ながらどこでいくらで購入したかは不明(ーー;;

一方、今回購入したグラボRX 460は
Polarisと言うGCN第4世代アーキテクチャのグラボで
その中では最廉価品(Polaris11)となり規格上は補助電源不要となっています。

しかし今回購入したものは動作の安定性を考慮して補助電源有りのものにしました。
(セール品ゆえ、選択肢も無かったのですが
 購入するなら補助電源有りを検討していたので問題なしです。)

400_460_P7_20160809.jpg
ちょっと解りづらいですが赤枠で囲った部分に6ピンの補助電源の接続が必要。

久しぶりにPCケースを開けると中は酷い埃量だったので
ハンドタイプの掃除機で埃を吸い出しつつ届く範囲で掃除をしグラボを換装。


ベンチテスト結果

という訳で本題(^^;
グラボ変更後にベンチテストを行ったので
グラボ変更前の結果と併せて掲載してみます。

ベンチソフトウィンドウ
サイズ
ウィンドウ
タイプ
品質HD 6670RX 460
FFXIV
蒼天のイシュガルド
ベンチマーク
1920x1080フルスクリーン最高22606949
標準487510675
1280x720ウィンドウ最高39868759
標準771511024
DQ10 ベンチマーク1920x1080フルスクリーン最高713412764
標準876513433
1280x720ウィンドウ最高1085913147
標準1242613484

こちらが各ベンチ毎のスコアの判定表。

FFXIV
スコア評価
7000~非常に快適
5000~6999とても快適
3500~4999快適
2500~3499やや快適
2000~2499普通
1500~1999設定変更を推奨
1000~1499設定変更が必要
~ 999動作困難
 DQ10
スコア評価
10000~すごく快適
 7000~9999とても快適
 5000~6999快適
 3000~4999普通
 2000~2999やや重い
 1000~1999重い
~ 999動作困難


旧グラボでは1280x720での標準品質での動作であれば
FFXIV、DQ10共に「非常に快適」、「すごく快適」の最上位のスコアを出していますが、
最高品質にしたり解像度をあげたりすると、
特に次世代な映像クオリティを誇るFFXIVで顕著にスコアが下がっています。
(DQ10は品質や解像度あげてもほぼ快適な感じですね。)

一方新グラボでは
FFXIVでの最高品質&1920x1080で
残念ながら「非常に快適」まで後1歩及ばないスコアですが、
それ以外の設定では全て「非常に快適」、「すごく快適」のスコアとなっています。

FFXIVベンチ_WD_最高品質_グラボ変更後

なお、グラボの温度はアイドル時には31℃。
FFXIVの最高品質(1920x1080)で最高68℃、
DQ10の最高品質(1920x1080)で最高59℃まで上がりました。

PC性能
FFXIVベンチ動作時に下部に表示されるスペック情報。
なお、ここには記載されていませんがPC本体の搭載メモリはDDR3-1333の8GB(4GBx2)です。



ベンチテストを終えて

もちろん、購入前にある程度の性能は調査しておりましたが
想定より若干、上を行く結果は嬉しい誤算でした。

金銭的理由とPC業界の日進月歩っぷりから
パーツはほとんど最上位を買わない僕なので今回もこう言った形に落ち着きましたが
ハッキリ言って、この性能で7,180円には大変満足です。

今までSTEAMで購入を躊躇していた3D系のゲームも、
スペック的な心配が大幅に解消されたのでは無いかと喜んでいるNaotenなのでした。

ニーアオートマタ
この辺のゲームとかね。(PS4持ってるんだから素直にそっちを買えと言う噂も……。)

グラボと言えばnVIDIAが相変わらず強い上に
昨今はAMDのウリであった価格の優位性も薄れてきており
どこまで意味のある記事なのかは解りませんが、
この記事がAMD系低コストPC派の一助になれば幸いですヽ(;´д`)ノ

それではまた!

(AMDと言えばRyzenなんてバケモノCPUも出ましたね。
 超欲しいけど発売したて&高スペック過ぎて値段も高いし、
 もし買うならグラボもメモリも電源も交換でさらに出費がドーン!)


一応、今回買ったグラボのAMAZONリンクを貼っておきますが、
僕が買った値段より高いので、もう少し安い玄人志向の同ランク品も併記しておきます。
なお、今回購入したRX460は4GBモデルも存在するのでそちらも2つ掲載。
またPolarisを搭載したグラボはRX460の他に
RX470(上位モデル)、RX480(最上位モデル)と2つのモデルが存在するのでお財布と相談して下さいませ。
(それとPolaris系は全て64bitOSのみ動作対象ですのでその点もご注意を!)

Polarisに関しては4Gamerの記事が詳しいのでそちらも参考にドーゾ。
補助電源不要で動作するPolarisは1万円台の市場に嵐を呼ぶか? Radeon RX 460(4Gamer)


 

コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
視聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング