Page up▲

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス W竜槍ゲイボルグ

土日はジャボテンに全力だったNaoten。
月曜日からようやくインペリアルサガコラボに復帰。

とにかく七英雄を倒して倒して倒しまくった。
目的は無論、竜槍ゲイボルグを作成する為である。

ゲイボルグ性能
結構強い!


(以下、追記へ。)

 


竜槍ゲイボルグを作成するにあたり、
一番の問題は「竜輝鉱」を30個集める事。

これは今回のインペリアルサガコラボクエストの中で
最も難易度の高い「覚醒級」でしかドロップしない素材で、
覚醒級は全8戦な訳ですが1戦目~6戦目ではドロップせず
7戦目がランダムで1個、8戦目のみが確定で1個となっております。

つまり1回突入して最大2個、最低1個。
30個集めるまでの突入数としては15回~30回となります。
確定で1個おちるだけまだマシだよね。

ただ1回突入すると15分以上かかる。
ボスクラスの敵と8連戦ですからねぇ(;´д⊂)

気を抜くと全滅する難易度なので基本的にはオートに出来ないので、
全試合、本気バトルで異様にリアル体力を消費しました(ーー;


VS七英雄
初戦の時のSS。調査不足だったので大苦戦した。

しかし流石に数十戦とこなすとなれるもので、
途中からはエーテルやエリクサーを一切使用せず、
極めて安定してクリア出来る様になりました。
いやぁ良かった良かった(ーー;




月曜日から再開した覚醒級マラソン。
火曜日の夕方にようやく終了!!


ゲイボルグ素材達成


オルァ!!っと鍛冶開始!!


ゲイボルグ作成開始
完成までリアルで2日と23時間と59分待ちか……フッなげぇな……。


いやぁ、疲れた。
後は未クリアのストーリーを進めつつ、
ゆっくりランク上げ&ラピス回収でもしよう(ーー;





なんて思っていた3時間後。



それは起きた。



ゴゴゴ





素材プレゼント00



つー拡大



素材プレゼント00z
上の黄色い球は「竜玉」と言う竜槍ゲイボルグのキー素材であり、イベント中1個しか入手できなかった為、
1本ゲイボルグを作れば終わりのはずが、何の前触れもなく1個配布された。



つー01



え?苦労して周回したのに、またやるんですか!?
ふ、ふざけろー!!

ぼ、僕だって忙しいんですよ?
そんなに何度も何度も突入できるわけーーーーー






ゲイボルグ作成開始2


作ったよチクショウめぇ(;´д⊂)




だ、だけどこれでようやくゆっくり出来るぅぅ……。
ほとほと疲れ果てた僕はそっとタブレットを終了するのでs







んんッ!?





再ジャボテン



ま、またジャボテンかよぉぉ!!?(;´д⊂)



どうやら当分、ゆっくり出来ない様なのでした。


 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2016/02/12 08:13 [Edit]
Name村の住人 村の住人's Mail Address村の住人's URL

と、思っていたら今度はバレンタインイベント開催となりましたね
ここまでイベントらしいイベントが無かったので、この忙しさは少々びっくりですね

Date2016/02/12 08:38 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○村の住人さん

> と、思っていたら今度はバレンタインイベント開催となりましたね

 明日からだと思ったら今日の16時からとかね!!
 なんとかヴォーパルアクスも間に合いましたよヽ(;´д`)ノ

> ここまでイベントらしいイベントが無かったので、この忙しさは少々びっくりですね

 耐え難きに耐え、日々研鑽してきた成果が報われる事になるとは!!
 イベントでチケット大量ゲットして☆5キャラ引きたいヽ(;´д`)ノ


Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
02 | 2017/03 | 03

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS