Page up▲

Amazonベンダーエクスプレス

これは非常に面白い。

Amazonベンダーエクスプレス

Amazonの仕入先になれるセルフサービス「Amazonベンダーエクスプレス」、日本でも開始

これまでAmazonの仕入先になるには、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めた上で商品を卸す必要があった。Amazonベンダーエクスプレスでは、バイヤーを介することなく、事業者が直接、オンラインで仕入先として登録することが可能。地方の事業者や小規模事業者でもAmazonに商品を卸せるようになる。

 商品の卸価格は、Amazon上の類似商品の価格データを活用して算出し、Amazonが想定した範囲内であれば、事業者側が提案した価格が採用される。一方、Amazonの想定よりも高い場合は、逆に商品に合わせた低い卸売価格が事業者側に提案される。

 卸価格の決定後、商品をAmazonの倉庫へ配送する費用はAmazonが負担する。なお、商品詳細ページの作成と販売数需要の評価を行うために、事業者は販売したい商品をサンプルとして無料で少量(最大3個、9001円以上の場合は1個)提供する必要がある。

INTERNET WATCH(Impress)



ベンチャーなどが面白い商品を作ってもそれを一般向けに販売するには
ネット上に売り場を作って、支払いの仕組みを導入し、
発送を行わなければならなかった。

人もお金も時間もかかっていた訳です。

しかし販売は販売の専門家に全て任せる。
ベンチャーはベンチャーの本分で本領を発揮する。

自社ページにはAMAZONの商品ページへのリンクを貼るだけ。
いいね、とってもスマートだ。


関連サイト
Amazonベンダーエクスプレス(Amazon公式)

 

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
04 | 2017/05 | 06

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS