欲しいボードゲームばかりが増えております。
金銭問題等があり中々購入できないのですが、
2015年9月前半はこんなボードゲームが欲しかったんだという備忘録として記事を書いておこうと思います。

Keyflower.jpg
長らく僕のカートの中に居たKeyflowerは新たな持ち主の元へ召された様です。


(以下、追記へ。)

 


Android: Netrunner
2012年 Richard Garfield、Lukas Litzsinger作
2人用

アンドロイドネットランナー

マジック・ザ・ギャザリングで知られるリチャード・ガーフィールド氏が
1990年に創出した元ゲームを、
2012年にルーカス・リッツシンガー氏がアレンジして世に送り出した作品。
BGG7位

シヴィライゼーションの拡張「叡智と闘争」のゲームデザイナーの一人として
再びルーカス氏の名前が出てくるあたり、氏のアレンジ能力の高さを伺えます。

このゲームはMtG同様、1対1で戦うデッキ構築型の2人用カードゲーム。
(MtGは多くのバリアントルールで3人以上でも遊べますが、
 基本は1対1のゲームデザインです。)

アンドロイドネットランナーが興味をそそるのは、
プレイヤーが能力的に対等な関係ではないと言う事。

具体的には片方のプレイヤーが企業(コーポレーション)を、
もう片方のプレイヤーがハッカー(ネットランナー)を受け持つ。

pic1424075_lg.jpg

コーポレーション側プレイヤーはサーバーを設置してアジェンダポイントを生成し、
アジェンダポイントが7点になれば勝利となる。
逆にネットランナー側はサーバーにハッキングをかけて
アジェンダポイントを生成するサーバーを確保するとアジェンダポイントを獲得できる。
やはりこれが7点になれば勝利となる。

コーポレーション側はハッキング対策として
障壁(アイスと呼称される)やダミーサーバー(アセットと呼称される)を構築する事ができる。
一方、ネットランナー側は自力で勝利点を獲得する事が出来ない為、
アイスを打ち破り、サーバーをハッキングする必要がある。

プレイヤーの立場が違うデザイン(非対称ゲームデザイン)
と言うのが非常に興味が湧く所に来て、
ファンタジー世界ばかり冒険しているNaotenとしては
時にはサイバーなテーマも気になってしまう訳です。

問題は日本語版が出ていない事。
デッキ構築型ゲームなので拡張がいっぱいある事。

それでも比較的安価に英語版が入手できるので、
折を見てほしいなぁと思っております。






ル・アーブル + 拡張セット 日本語版
2008年 Uwe Rosenberg作
1-5人用

ル・アーブル

濃厚な生産系ゲームの雄、ウヴェ・ローゼンベルクの代表作の1つ。
BGG15位

ル・アーブルと聞くと近代美術館しか思い浮かばない僕ですが、
世界的には貿易港として有名との事です。

このゲームもそんな貿易港を舞台に
積み荷を乗っけたり降ろしたりしてお金を稼ぎます。

pic1787274_lg.jpg

ゲームによっては勝利点とゲーム内通貨がわかれておりますが、
このゲームではゲーム内通過が勝利点と同義。とにかく稼ぎまくるわけです。

しかしただ積み荷を売りさばいても二束三文。
そこで工場等の建造物を建設しそこで商品を加工し、
より高い商品価値を付けて売却します。

取り扱える品も多くて

牛(肉)、麦(パン)、鉄(鋼鉄)、
粘土(レンガ)、材木(木炭)、魚(燻製)、
石炭(コークス)、毛皮(なめし革)

とあります。
(括弧内は工場で加工後の商品名。)

例によって重ゲーで、
相当プレイ時間がかかる様ですが、
カヴェルナの入手に失敗したNaotenとしては
気になってしまう事請け合いのゲームなのでした。

 
駿河屋
予約ボードゲームル・アーブル+拡張セット 日本語版 (Le Havre)
新品定価:7,560円

予約販売価格:5,443円 (税込)
28%OFF(2,117円引き)




チケット・トゥ・ライド メルクリン
2006年 Alan R. Moon作
2-5人用

チケット to ライド メルクリン

チケット・トゥ・ライドは基本セットとして

チケット・トゥ・ライド アメリカ
チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ
チケット・トゥ・ライド メルクリン

の3種類。
そして多くの拡張が存在する。

チケット・トゥ・ライド アメリカは最もシンプルな基本ルール。
チケット・トゥ・ライド ヨーロッパはフェリーや駅の追加ルールが、
チケット・トゥ・ライド メルクリンは乗客の追加ルールがある様です。

今回、挙げたのはその中で一番欲しいチケット・トゥ・ライド メルクリンですが、
チケット・トゥ・ライドシリーズ全般として読み替えて頂ければ幸いです。

このチケライシリーズはボード上に列車コマを配置して行き、
「路線」を作成し各都市間を繋げ、勝利点を稼ぐ。

ただ都市を繋げれば良いと言う訳ではなく、
各プレイヤーが持つ目的地カードに記載された都市をつなげる事で勝利点となり、
また、列車コマの配置には列車カードと呼ばれるカードを規定枚数プレイする必要がある。

ある都市とある都市をつなげる際、
複数の路線から1つを選ぶのだけれど路線には色が塗ってある。
手札からその色に対応したカードをプレイすると配置でき、
目的地カードの達成条件と別に勝利点を得られる。

下の写真だと中央に緑色の4車両分の路線があり、
手札から緑色の列車カードを4枚プレイすれば配置できる。
(4枚に満たない場合はプレイできない。)

pic850396_lg.jpg
列車の色はプレイヤーの色を表している。ボード上の路線の色とは無関係。

少ない列車数の路線は繋げやすいメリットがあり、
多い列車数の路線は繋げにくい代わりに列車設置時にもらえる勝利点が多い。
(同時に設置する車両数が多いほど、獲得できる勝利点は跳ね上がる。
 同時に設置する車両数が1、2、3、4、5、6に対し、
 獲得できる勝利点は1、2、4、7、10、15となる。)

所謂「名作」とカテゴライズされるゲームの1つで、
アナログゲームを嗜むものとして遊んでみたいと思った次第でありました。


左からアメリカ、ヨーロッパ、メルクリン。




いやぁ、ハハ。
欲しいものが多すぎて白目を剥いているNaotenなのでございました。

良いアナログゲームライフを。
それではまた!

 

コメント

村の住人 :

探すと次々に欲しいものが出てきますよね
個人的にはチグリスユーフラテスですね
ルールが複雑なのが難点ですけど

ドミニオン拡張で冒険も出るようですね、しかも初回限定のカード付という

なんだか、カプコンとカナイ製作所が組んでストリートファイターライバルズというカードゲームも出るとか
現状発売されているRライバルズがありますので、それの改良型でしょうか

こうしてまた気になるゲームが増えるのでした

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

◯村の住人さん

> 探すと次々に欲しいものが出てきますよね
> 個人的にはチグリスユーフラテスですね
> ルールが複雑なのが難点ですけど

 チグリスユーフラテスいいですね!

 バロニィにしかり、チグリスユーフラテスにしかり、
 村の住人さんはアブストラクト系が好みっぽいですかね??


> ドミニオン拡張で冒険も出るようですね、しかも初回限定のカード付という

 初回限定プロモカードは卑怯ですなぁ(;´д⊂)
 ただでさえ「今直ぐ買わないとなくなる!」のに、
 それを加速させる取り組み(;´д⊂)

 うちにはドミニオンが

 ・ドミニオン
 ・ドミニオン:海辺
 ・ドミニオン:異郷

 と3作あります。

 最近、ドミニオンの「正しい」遊び方を理解してから
 楽しさが激増しました。
 それは各セットからランダムでサプライを抽出して遊ぶ方法。
 毎回、変わる盤面で即座にコンボを考えてプレイするのが楽しいのです。

 以下のアプリを使ってランダムでサプライを選定しています。
 ドミニオン サプライジェネレータ(GooglePlay)
 http://goo.gl/GAzXDv

 こう言う遊び方になると拡張の数が多い方が楽しいわけで
 まんまと戦略にハマってしまっている気がします(;´д⊂)

> なんだか、カプコンとカナイ製作所が組んでストリートファイターライバルズというカードゲームも出るとか
> 現状発売されているRライバルズがありますので、それの改良型でしょうか

 Rライバルズは持っていないので、
 いっその事、ストライ(勝手に短縮)で初参戦ってのも悪くないですよね。

> こうしてまた気になるゲームが増えるのでした

 本当にこれ、どうしたもんですかねヽ(;´д`)ノ


村の住人 :

アブストラクト系というより直接攻撃できる部分が好みなんだと思います
それによって場が盛り上がりますし
なので相手にあまり干渉できないゲームは苦手ですね(;´∀`)

ドミニオンのアプリを使ってランダムで遊ぶのは楽しそうですね
手探りでやってみて上手く行った時はテンション上がりそうヽ(゚∀゚)ノ

Naoten(ナオテン)Re: タイトルなし

○村の住人さん

> アブストラクト系というより直接攻撃できる部分が好みなんだと思います
> それによって場が盛り上がりますし
> なので相手にあまり干渉できないゲームは苦手ですね(;´∀`)

 なるほど!
 Naotenは昔から何かと狙われやすい質(たち)なので
 (いじられやすいキャラと言う意味で。)
 直接攻撃可能なゲームは余り好きじゃないのですよね(ーー;

 かと言ってまったく他プレイヤーの行動が影響しないソロゲーも、
 折角大勢で遊ぶのにもったいない。

 その辺りのバランスが絶妙なゲームが良いですが中々難しい所です。
 (理想としては相手の妨害をするだけで行動すると損をするバランスが良い。
  相手の妨害だけでなく結果、自分も得する行動であれば妨害も選択として有りくらいのバランス。)

> ドミニオンのアプリを使ってランダムで遊ぶのは楽しそうですね
> 手探りでやってみて上手く行った時はテンション上がりそうヽ(゚∀゚)ノ

 ある程度の定石とかもあるし、
 それらの定石を手番順や他のプレイヤーの購入カードで切り替えたりとか、
 結構プレイヤーの腕が出る様です。

 →(他サイト様)
 ゆる~く楽しくドミニオン
 http://d.hatena.ne.jp/hrkdomi/

 先日のドミニオン日本選手権で優勝した方のプレイレポです。

 2015-07-21の記事が予選レポート。
 2015-07-22の記事が本選レポート。
 2015-07-23の記事が準決勝レポート。
 2015-07-30の記事が決勝レポートです。


 超勉強になります。

コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カウンター
AMAZON
  ご入用の際は是非、こちらから!

記事検索フォーム
シリーズまとめ
アナログゲームライフロゴ
アナログゲームライフ
 ボードゲームやカードゲームを楽しく遊ぶ
 嗜好で至高な思考の日々。

艦これ戦記
艦これ戦記
 勝利を信じて戦った艦娘と提督、
 そして戦友(とも)達との物語。

MH3(トライ)冒険記
MH3(トライ)冒険記
 ココットの牙Naotenと、
 その仲間達の冒険の軌跡。

魔界通信(マカ通)
勇者のくせになまいきだ:3D
魔界通信(マカ通)

 破壊神様と私、こと魔王の
 愛と憎しみと酒と泪と男と女の物語。

Oblivion日記
Oblivion日記 (MANAの冒険)
 オブリビオンの世界から愛を込めて。
 冒険者MANAが綴るオリジナルの物語。

リンク
Sound Optimize
我が親友2x4氏のサイト。
ゲーム音楽等に使用するのにぴったりな楽曲を著作権フリーで使えるシリーズ、「Sword & Magic - 剣と魔法の世界」を展開中。
視聴も出来るので是非、サイトへ足をお運び下さい!また、氏のブログはディープな話題でいっぱい!
ブログはこちら→SineWaveに乗せてって
人気ページランキング