Page up▲

アナログゲームライフ008 今、欲しいボードゲーム(201506)

欲しいボードゲームばかりが増えております。
置き場問題とか金銭問題があり中々購入できないのですが、
2015年6月はこんなボードゲームが欲しかったんだという備忘録として記事を書いておこうと思います。


マット
そう言えばマット用の生地を購入しました。テーブルより一回り小さいのは飲み物等を置く事を考慮して。


(以下、追記へ。)

 



ゾンビサイド(ZOMBICIDE)

ZOMBICIDE.jpg
プレイ人数:1-6人 プレイ時間:60分 日本語版:無し

カプコン往年の名作、
バイオハザードアウトブレイクシリーズが好きなNaotenは、
ゾンビ脱出系ゲームが好きなのかもしれません。

プレイヤーフィギュアが6体、
ゾンビフィギュアが圧巻の65体含まれており、
毎ターン出現するゾンビを回避したり撃退したりしながら
シナリオ毎のクリア条件を満たす為にプレイヤー達は協力します。

zombicide-05.jpg
マップタイルは9枚あり、
シナリオごとに組み合わせを変えてプレイします。


例え自分が死んでも誰か一人が生き残りクリア条件を満たせば勝利になるので、
「ここは俺に任せて先にいけ!→(死)」プレイや
「ちょっと様子を見てくるぜ→(死)」プレイ、
「○○で落ち合おう→(死)」プレイや
「ハハッ!この武器があればゾンビなんか余裕!→(死)」プレイも出来ます。

素晴らしい。

フィギュア数が多いためか1万円近い定価なのが購入をためらわせます。
う~~ん。欲しい。



キング・オブ・トーキョー&パワーアップ!

キング・オブ・トーキョー パワーアップ
プレイ人数:2-6 プレイ時間:30分 日本語版:有り

MtGの生みの親、リチャード・ガーフィールド氏が作ったボードゲーム。

プレイヤーはトーキョーを狙う巨大怪獣になり、
誰がトーキョーの支配者になるかをかけて戦います。

トーキョーに入れるのは1体のみ。
トーキョー入りを果たすと勝利点をより多く獲得出来る代わりに
それ以外の全ての怪獣から攻撃され、回復行動も取れなくなります。
トーキョーの怪獣からの攻撃は全ての怪獣に当たります。
ダメージを受けたタイミングでいつでもトーキョーから脱出する事を選べます。

そんな感じでトーキョーに入ったり出たりを繰り返して
勝利点を20点稼ぐか自分以外の全ての怪獣が倒れれば勝利です。

kot_comp.jpg
60枚を超える強化カードをエネルギーを消費して購入し怪獣を強化しながら戦います。

「パワーアップ!」は拡張キットで、
巨大怪獣が進化出来る仕組みが入っており、
これにより無印では個体差のなかった怪獣が、
進化後は個体差を持つようになります。

拡張が蛇足になる事もあるボードゲームですが、
これは良拡張との事で、買うなら両方買え!と言うのがセオリーっぽいです。
その為、2つ買うと結構な金額になるのが購入を躊躇させます(^^;


  
左が無印、真ん中が拡張、右が最新作。拡張は無印が無いと遊べません。
最新作は無印、拡張と独立しており単独で遊べますが無印&拡張と比べて一長一短みたいです。



蟻の国 (Myrmes)

蟻の国
プレイ人数:2-4人 プレイ時間:60-120分 日本語版:無し

蟻です。
蟻を増やして領土を広げます。

蟻かどうかはともかく、
兵を増やして領土拡大と言うゲームは多い訳ですが、
蟻の国に惹かれるのは個別ボードとメインボードの存在。

pic1723542_md.jpg
手前が個別ボード。奥がメインボード。


個別ボードが自分の「巣」を表し、
そこから出るとメインボード上に蟻が現れます。

このドラクエのフィールドの小さな街に入ると、
エリアが切り替わって大きな街が広がってる仕組み感が
何やら僕を惹きつけるのです。

ドイツ等で買えば日本円で4500円前後ですが、
日本で買うと恐ろしい値段です。


 
左が日本での販売(転売)価格。右がドイツでの購入価格。



アグリコラ(Agricola)

アグリコラ
プレイ人数:1-5人 プレイ時間:30-150分 日本語版:有り

作物を増やし家畜を増やし施設を増やし収益を上げて、
より農場を大きくしていくゲーム。
どこのレビューサイトや海外のランキングサイトを見ても面白いと評判。

2007_agricola.jpg

しかし購入を躊躇させる要素が3点。

1つ目:とにかく重ゲーム
 公式には30-150分とかありますが1プレイに4時間とかザラだそうです。

2つ目:勝ち筋が少ない
 勝利点を稼ぐ効率のよい方法が決まっているので
 最終的に農場が似通ってくるとかなんとか。

3つ目:ソロ感が強い
 コツコツ内政する訳ですが、
 その様が少々、ソロ感が強いのだとかなんとか。

いずれも未プレイ故の杞憂かも知れませんけども。






アクワイア

アクワイア
プレイ人数:3-6人 プレイ時間:90分 日本語版:無し(別途日本語ルール付き)

モノポリーと並ぶ世界的ボードゲームの1つ。
(ただし日本での知名度は低い。)

ホテルを経営し株を購入。
ホテルの吸収合併を繰り返しつつ株価を引き上げ、
その資産量を競うゲーム。

pic1604583_md.jpg
こんなシンプルな見た目ですが、ちゃんとホテルチェーンのイメージ化に成功している。

個人的にはヒジョーに面白そうに感じるのですが、
果たしてこれを一緒に遊んでくれる友人が居るのか?が最大の焦点。

あと、発売時期によってホテルを表すコンポーネントが
「ブロック」だったり「ビルの外観」だったり「紙」だったりするのですが、
出来れば「ビルの外観」版が良かったんですが現在、流通しているのは「紙」版。

そこも惜しい。


pic83300_md.jpg
こちらがビルの外観版。







まだまだ欲しいボードゲームは沢山あるんですが、
それはまた別の機会にでも。

今現在欲しいもの上位5つ(順不同)の紹介でした。


 

tag:  アナログゲーム ボードゲーム ゾンビサイド キング・オブ・トーキョー キング・オブ・ニューヨーク 蟻の国 アグリコラ アクワイア 今、欲しいボードゲーム

Page up▲

LOGO1

Post a Comment

comments

Date2015/06/05 19:07 [Edit]
Nameだもん だもん's Mail Addressだもん's URL

NGM(Game Master)は購入専門とは思いますが、近場(?)のサブ調達経路として参考までに。(-ω-)ゞ
ttps://goo.gl/XSpCQz (グーグル先生)


そうさくいよくもおかねもだいじです? ( ’、’)
ttp://yaplog.jp/drosselmeyers/archive/115

Date2015/06/08 13:15 [Edit]
NameNaoten(ナオテン) <span class=Naoten(ナオテン)'s Mail Address" /><span class=Naoten(ナオテン)'s URL" />

○だもんさん

> NGM(Game Master)は購入専門とは思いますが、近場(?)のサブ調達経路として参考までに。(-ω-)ゞ
> ttps://goo.gl/XSpCQz (グーグル先生)


 定例ゲーム会(いわゆる例会)と呼ばれるものの存在は確認してて
 地元近辺で開催されるなら参加したいくらいではあるのですが、
 こう言った交換会もあるんですなぁ。
 交換に出せるほどやりこんでもう要らないゲームはまだないですが、
 調布なら結構近いのでアンテナ貼っておきます。


> そうさくいよくもおかねもだいじです? ( ’、’)
> ttp://yaplog.jp/drosselmeyers/archive/115

 それなりの梱包、装飾でアナログゲームを作ると結構お金がかかって
 そう言った中で戦っていくのは非常に厳しい部分もあるとかで、
 以前取り上げた500円ゲームズと言うのは
 コンポーネント等にお金を掛けずにアイデアで勝負する為の施策なんだそうです。

 500円で売るゲームを作るなら原価率33%で165円。
 原価率66%で330円か……。

 非常に参考になります!φ(..)メモメモ


 

Page up▲

Post a Commentpac

Private message

Page up▲

Designed by mi104c.
Copyright © 2017 直天堂のカステラ, all rights reserved.
10 | 2017/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Page up▲

  • 最新記事のRSS
  • 最新コメントのRSS
  • 最新トラックバックのRSS